太陽の光で電気ができるの!?

太陽の光がなぜ電気になる?!

太陽の光が光エネルギーとして地上に差し込み、光エネルギーが太陽電池を通ることによって電気エネルギーに変わります。発電する電力は太陽の当たる日照時間によって異なり、10kw以下の電力が発電できる場合は、家庭用の発電設備を使用し、自宅の電力供給に使います。しかし、日照時間が長く10kwから50kwもの電気が発電できる場合は、産業用の発電設備を使用することになります。
家庭で電力を使用し、余った電力は電力会社に電気を売ることができます。もちろん産業用設備でたくさんの電力が作れた場合も電力会社に売れます。家庭用として使用した余りを売る場合は10年間固定価格で買い取ってもらえて、産業用としてたくさんの電気を売る場合は、20年間固定価格で買い取ってもらえます。

太陽光発電投資の方法とは?

10kw以上の発電がある場合、電力会社に20年間固定価格で買い取ってもらう投資をすることができます。太陽光発電のメリットとしては、20年間という長い期間の投資プランが見込めます。
固定価格買取制度があるということで、20年間安定した収入を得ることが出来るのです。また、発電量をしっかりと維持するためには、太陽光パネルの掃除やメンテナンスが必要となるのですが、業者に管理委託をする事ができるので心配いりません。手間がかからないので、普段通常の仕事をしなが太陽光発電による副収入を得ることも出来ますよね。また、歳をとり退職した後も、動かずして安定した収入が得られるので、老後の生活も不安なく迎えることが出来るでしょう。

© Copyright Efficient Solar Power . All Rights Reserved.